イタリアンでよく使われる調味料まとめ

イタリアでよく使われる調味料はその国を代表するふるさとの味でもあります。

日本の和食でいえば、出汁を取るための食材、味噌、醤油、みりんなどが主な調味料でしょうか。

この調味料を使ってお料理をすれば、その国らしさが出るのが特徴ですが、イタリアではどんな調味料を使っているのでしょうか?調べてみました!

イタリアンで必ず使う基本調味料は?

これさえ使えばイタリアン!という調味料があります。逆に使わないとイタリアンにはならないですね。

オリーブオイル

何はなくともまずはオリーブオイルです。独特の風味とさらりとした味わいは、多めに使ってもしつこくならないのが特徴です。調理にはもちろんテーブルの上にも必ず備えてある調味料ですね。

 

オリーブオイルにはいくつか種類があります。

加熱せずに使うのが「エキストラバージンオリーブオイル」です。オリーブの風味が高く、圧縮せずに絞るものはまさにフレッシュなオリーブの香りがします。生食用としてサラダにかけたり、マリネ、ドレッシング、唐辛子を入れて辛いドレッシングとしても使います。

 

「ピュアオリーブオイル」は精製したオリーブオイルとバージンオリーブオイルを混ぜたもので、使いやすく安価なオリーブオイルです。主に加熱用とされており、イタリアンのほとんどの調理にこのオイルを使っています。

 

ワインビネガー

ワインから作られたお酢です。白ワインビネガーと赤ワインビネガーがあります。

白はさっぱりとした風味で酸っぱさよりもさわやかさが目立ち、赤ワインビネガーはややコクのある風味です。いずれも日本の米酢よりも少し酸っぱいのが特徴です。

マリネ、サラダ、また煮込み料理の酸味を出すのに使います。

 

バルサミコ酢

ワインビネガーと同じく、ブドウを原材料として作られるお酢です。バルサミコ酢はイタリアの伝統的な製法で作られ、熟成期間を経てお酢になるのが特徴です。

味はとても濃厚で、トロッとした深い味わいと香りを持っています。サラダのドレッシングや、野菜や貝類を合えるのに使ったり、グリルのソースとしても利用します。またデザートとしてアイスクリームにかけて食べるこもあり、非常に幅広く愛されているお酢です。

渋谷でイタリアン!オススメのイタリアンバルをご紹介します

イタリアンで調味料として使われる食材

調味料にプラスして独特の味わいを出すために使われる食材がいくつかあります。これらもイタリアンにはなくてはならない大切な調味料ですね。

 

ニンニク

ニンニクはイタリアを代表する食材と言えるでしょう。オリーブオイルとニンニクだけで作るパスタ「ペペロンチーノ」は、まさにイタリアのおふくろの味。台所にあるいつもある材料だけで作れるパスタとして有名です。

またほとんどのイタリアンにはニンニクが使われており、その香りだけではなくニンニクを加熱した時に出る出汁のような味わいは、イタリアンには欠かせない風味でもあります。

トマト

トマトはイタリアでは調味料と言っても過言ではないでしょう。特にトマトの缶詰は常に台所に常備しておきたい食材です。

フレッシュなトマトはサラダや付け合わせに使い、缶詰はパスタやピザのソースとして調理して使われています。また煮込み料理やグリルのソースとしても幅広く使われています。

 

パルメザンチーズ

チーズはイタリアを代表する食材の一つです。そのままスライスして食べるのはもちろん、調味料としても幅広く使われています。

パルメザンチーズ(パルミジャーノ)は、細かくすりおろしてパスタにかけて食べたり、リゾットにつかったり、シーザーサラダの調味料として上からかけて使います。

ちなみにイタリアでは、海鮮系のパスタにパルメザンチーズをかけるのは邪道とされているそうです。

 

レモン

レモンは柑橘の国イタリアを代表する果物です。調味料としてはもちろん、マリネ、ドレッシング、魚や肉の下ごしらえ、カクテルなどにも幅広く使われています。また食後酒として楽しむ「リモンチェッロ」はレモンの皮から作るリキュールです。

サラダにかけるドレッシングとして、ビネガーかレモンを選べレストランもありますよ。

あなたはイタリア料理の種類をいくつ知ってる?

日本にある高級イタリアンレストランを徹底ご紹介

イタリアンで調味料として使われるハーブ

ハーブもイタリアでは本当にたくさんの種類が使われています。フレッシュなものからドライハーブまで用途に合わせてうまく使い分けているのは、さすが美食の国イタリアといったところでしょうか。代表的なハーブをご紹介します。

 

バジル

トマトとの相性が抜群によく、フレッシュでもドライでも常に準備しておきたいハーブです。日本のシソによく似た風味で、噛むと少し刺激のある味がします。パスタやピザ、サラダにのせたり、カプレーゼにはないと困るハーブです。

 

ローリエ

月桂樹の葉を乾燥させたハーブです。生の葉を使うことはありませんが、独特の風味が煮込み料理とよく会うため、くさみを消すためによく使われます。

スープやトマト煮込みなどの中に入っているので、取りのぞいてくださいね。

 

オレガノ

こちらもあまり知名度は高くないですが、イタリアではよく使うハーブです。少し歯磨き粉に似たさわやかな風味を持っており、トマトとの相性が抜群です。魚や肉のくさみも消すので、下ごしらえで軽くふっておくこともあります。ドライハーブで使うことが多いです。

 

とうがらし(チリ)

イタリアン独特の辛味を担当するのがとうがらしです。粉末になったチリと、さやに入ったままの鷹の爪、またスライスされた輪切りのとうがらしと、用途に合わせて使い分けます。鷹の爪は軽く割って中の種を取り出すこともあります。

またオリーブオイルやビネガーに丸ごといれて、チリオイルやチリビネガーとして食卓にそのまま出すことも多いですよ。

デートの時に恥をかかない!イタリアンレストランのマナーはコレ

番外編・イタリアンで調味料として使うソース

いくつかの調味料や食材を合わせてソースとして使い回すことも多くあります。代表的なソースをご紹介します。

ジェノベーゼ

バジルをオリーブオイルと混ぜてペースト状にし、松の実、チーズ、塩、コショウで味を整えたソースです。パスタにそのまま混ぜたり、ピザのベースとして塗って使います。

またガーリックトーストに軽く乗せてもおいしいですし、タコやイカなどの魚介類と合えるのもオススメです。

バジルが盛りの夏の時期に冷凍保存しておき、まとめてソースにすることも多いですよ。

 

マリナーラ

トマト、ニンニク、オリーブオイル、オレガノを混ぜて作るソースで、トマトの風味がイタリアらしさを醸し出すソースです。ピザにそのまま塗ってハーブを乗せて焼く「マリナーラ」でとても有名ですね。

 

アラビアータ

上記のマリナーラにとうがらしを足して辛味を効かせたソースがアラビアータです。このソースにスパゲティやペンネを合えるだけで、すばらしくおいしいパスタが作れますよ。またお肉のソースとしてベースに使うことも多いです。

 

これらの調味料で気軽なイタリアンを楽しみませんか?

ご紹介した調味料を使って気軽に食べられるイタリアンレストランはいかがですか?

渋谷駅から徒歩10分、松濤にある「渋谷イタリアンバル トップテラス2031」です。

カジュアルなイタリアンバルですが、お料理は本格的。イタリアで8年修行した女性シェフが作るイタリアンは、日本人にも食べやすくちょっぴりアレンジしたお味になっています。

テラスからは渋谷の街を一望でき、ゆったりと過ごせるテラス席にはソファーシートやカップルシートも完備しています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?イタリアを代表する調味料をご紹介しました。イタリアらしさを表現する調味料はとても扱いやすいので、ご自宅のキッチンにもそろえておくと便利ですね。

ぜひうまく組み合わせてご自分でもおいしいイタリアンを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top